ハンドシェイカー
大阪府 大阪市

ハンドシェイカー

手を繋ぎ、深層心理から生まれた武器で戦う「ハンドシェイカー」となった高槻 手綱と芥川小代理が、自らの願いを叶えるために神へと挑む戦いに身を投じていく、オリジナルアクションアニメ。舞台となっているのは西暦20XX年の大阪(osaka)。「大阪城」や「道頓堀」をはじめとするいくつもの観光名所で戦いが繰り広げられる本作は、大阪の街並みを知る視聴者なら興奮することは間違いなし。

HandShaker_main.jpg
©GoHands,Frontier Works,KADOKAWA/Project-HS

アニメ聖地「大阪府大阪市」みどころ

ハンドシェイカー同士の戦いの場ともなった難波・道頓堀は、巨大看板が立ち並び、大阪らしさを凝縮した街。「食い倒れの街」として知られ、観光や食事に最適だ。少し南へ行った難波には、吉本新喜劇でおなじみの「なんばグランド花月」が。お笑いに興味があれば足を延ばしておきたい。アニメ舞台のひとつ「大阪城」は日本100名城のひとつ。内部(入館料:大人600円)を見て回るのも大阪観光の鉄板だ。

Dotonbori.jpg ©(公財)大阪観光局