色づく世界の明日から
長崎県 長崎市

色づく世界の明日から

魔法使い一族の末裔、月白瞳美は幼いころに色覚を失い、感情がうまく表せなくなる。17歳になったある日、瞳美は大魔法使いの祖母・琥珀の魔法で、60年前の過去である2018年へと送られてしまう。気づくとそこは南ヶ丘高校に通う高校生・葵唯翔の部屋だった。瞳美は彼が描いた絵を見て、色があふれる世界を一瞬だけ取り戻す。やがて、60年前の祖母・琥珀とも出会い、唯翔や琥珀たちと高校生活を送る中で、瞳美は大切な思いを見つける。

色づく世界の明日から_メイン_iahk_キービジュアル1_T2_0716_r.jpg
©色づく世界の明日から製作委員会

アニメ聖地「長崎県長崎市」みどころ

江戸時代には国内唯一の貿易港を持つなど、古くから日本の玄関口となっていた長崎市は、現在でもそのころの面影を残す観光スポットがたくさんあり、独特の雰囲気を醸し出している。アニメの中にも観光スポットが多数登場しており、キービジュアルに使われた「眼鏡橋」(写真)もその一つ。川面に映った橋がメガネに見えることから、この名前が付いたと言われ、東京の「日本橋」、山口の「錦帯橋」と並び、日本三大名橋の一つに数えられている。

長崎_re.jpg

近隣の聖地

©2018 たかぎ七彦/KADOKAWA/アンゴルモア元寇合戦記製作委員会
長崎県 対馬市
×
©DMM / C2 / KADOKAWA
長崎県 佐世保市
×
©五島の雲 山本二三美術館
長崎県 五島市
×