釣りキチ三平
秋田県 横手市

釣りキチ三平

東北の山村で、釣り名人として名高い祖父・一平と暮らす明るい少年・三平三平(みひらさんぺい)。祖父譲りの釣りの才能を活かし、巨大イワナなどの怪魚&珍魚を知的な駆け引きの末に釣って釣って、釣りまくる大人気フィッシング・ストーリー。原作のコミックは1973年に連載が開始し、アニメ版の放送がスタートしたのは1980年だが、全編手描きならではの味わい深い映像やドラマチックな演出は、今なお色あせることのない魅力に満ちている。「釣りキチ三平」の舞台でもあると同時に原作者・矢口高雄の故郷でもある秋田県横手市に、2019年リニューアルオープンする「増田まんが美術館」には、「釣りキチ三平」をはじめとする矢口高雄の関連資料が豊富にそろう予定。

Tsurikichi_main.jpg
©矢口高雄/講談社・日本アニメーション

アニメ聖地「秋田県横手市」みどころ

横手市のユニークな観光では「かまくら館」がオススメ。ここではなんと1年中かまくらが体験できる。いかにも雪国ならではのスポットだ。その他、秋田県屈指の名所としても知られる横手市増田町の真人公園では、春には見事な桜の姿を楽しめる。グルメでは、日本三大焼きそばのひとつ「横手焼きそば」(写真)が名物。麺の上にのった半熟の目玉焼きを崩しながらいただこう。

YokoteYakisoba.jpg

近隣の聖地

ⓒYokote Masuda Manga Museum All rights reserved.
秋田県 横手市
×