アニメ聖地

「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」選定基準

聖地選定基準の内容をご紹介しています。

当協会は以下の選考基準に基づき、年毎に選考および認定をしています。


【1】
「アニメ聖地88」の選定は国内外のアニメファンを対象とした投票結果をもとに、権利者、地方自治体等との協議を協会事務局が行い、その結果を基に理事会で総合的に判断し決定する。

【2】
「アニメ聖地88」候補は作品の舞台、モデルとしてファンに一定の認知を得て いることを前提とする。また施設・イベントも対象とする。

【3】
自治体、作品権利者相互の理解を前提に、観光による振興が可能な地域・作品 を選定する。

【4】
映像作品を中心とするが、コンテンツの種別はファンの支持、権利者の意向に沿って柔軟に対応する。

【5】
作品の優劣を示す目的ではないので順位付けや番号付けは行わない。

【6】
「アニメ聖地88」は年毎に更新し年末までに年版を発表し、翌年1月から12月までを運用期間とする。

以上に加え、協会は選定した「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」の情報や魅力を伝える施設として「番札所」を設置する。

※参考
<2020年版の選考について>
2019年6月1日から9月22日までを応募期間とし、上記選定基準に基づき選定、発表予定です。

<2019年版の選考について>
2018年6月1日から8月末までの3ヶ月間、全世界の日本のアニメファンを対象に行ったアニメ聖地Web投票の結果をベースに、コンテンツホルダーのご理解の元、対象となる地域の自治体等とアニメツーリズム協会が協議を重ね、2018年10 月に『日本のアニメ聖地88(2019年版)』を選定し発表いたしました。
『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2019年版)』は最前線の人気アニメや名作アニメの舞台になったといわれる地域だけでなく、名だたる巨匠の記念館やア ニメ関連のミュージアム、キャラクターに関する施設など、アニメファンの方が訪れて楽しんでいただけるスポットも選定しています。