News

東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアムにてイベント開催!

ホリデーシーズンに向けて開催されるイベントを一挙紹介

 「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に選定されている東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアムで開催されるイベントを、今回は2つ一挙に紹介します!

 共に詳細は東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム事務局にお問い合わせください!

『かいけつゾロリ大冒険フェア』

zorori_main_rgb.jpg

 アニメーションミュージアムでは、子どもたちに大人気の児童書「かいけつゾロリ」の企画展を開催します。
 いたずら王者を目指すキツネの主人公、ゾロリが仲間とともに大冒険を繰り広げる「かいけつゾロリ」シリーズ。1987年に第1巻が刊行された本シリーズは、30年以上も子どもたちを魅了しつづけています。本展では、ゾロリたちのこれまでの大冒険の歴史を振り返りながら、30 点を超える貴重な原画等を展示。さらにゾロリが集めた“お宝”を随所にちりばめ、作品の世界観を体感することができます。お子様はもちろん、ご家族みんなで楽しめるゾロリワールドが幕を開きます。

●開催期間
2019 年4月10 日(水) ~7月 15日(月・祝)
●所在地
東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム
〒167-0043 杉並区上荻 3-29-5 杉並会館 3階
●開館時間
10 時~18時  〔入館は 17時 30 分まで。最終日の 7月15日は16時閉館〕
●休館日
毎週月曜日(月曜が祝祭日の場合は開館し、翌平日休館)、臨時休館あり
●入館料
無料(シアターを含めて無料)
●主催
東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム
●原作
原ゆたか
●特別協力
ポプラ社
●協力
バンダイナムコピクチャーズ、亜細亜堂、原京子
●企画制作
東映

『漫画家・イラストレーター・アニメーターによる 武者絵展』

musyae_main.jpg

 アニメーションミュージアムでは、2019 年のゴールデンウィークに『漫画家・イラストレータ ー・アニメーターによる 武者絵展』を開催いたします。
『武者絵展』は相馬野馬追応援企画としてはじまり、東日本大震災で被災した東北地方を応援するため、漫画家・イラストレーター・アニメーターの有志と地元復興支援団体が運営をしています。会場では、「武者絵」の作品展示に加えて作品図録(過去開催分も含む)の販売も行い、運営費を除いた収益金は、地元復興支援団体に寄付しています。
 会場には参加作家も来場予定です。来場スケジュールなどの最新情報は公式 Twitter アカウント@mushae_nomaoi にてお届けしております。「武者絵」の魅力を楽しんでいただきながら、東北地方のお祭りや現状に目を向けていただける展示会となっていますので、ぜひお誘いあわせのうえご来館ください。

●開催期間
2019年4月 27 日(土) ~5月6日(月・祝)
●会場
東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム4階ワークショップ スペース
〒167-0043 杉並区上荻 3-29-5 杉並会館内
●開館時間
10 時~18時〔入館は 17時 30分まで〕
●休館日
開催期間中の休館日はありません 入 場 料: 無料
●主催
武者絵展実行委員会(@mushae_nomaoi) 
●共催
杉並区
●協力
椿社中(@tsubakisyachu)

ニュース