Event

“薄桜鬼”と会津若松がコラボした周遊アプリで聖地巡礼

“薄桜鬼”キャラクターに会える! 新選組ゆかりの地を巡るスタンプラリー

“薄桜鬼”聖地の1つ、福島県会津若松市の名所を巡るスタンプラリーが開催中。参加者は、スマートフォンに無料の専用アプリ“SAMURAI CITY会津 周遊アプリ”をダウンロードし、市内の50ヵ所に設置されているポイントを巡りながらスタンプを集めていく。また、有料のAR機能を利用すると50ヵ所のうち15ヵ所のポイントで“薄桜鬼”のキャラクターが台詞(※)とともに現れる。(AR機能利用1回/1,080円、WEBからの事前申込で1回/900円)。さらに、AR機能を利用してスタンプラリーに参加すると「限定缶バッジ」(全12種類、種類はランダムに配布)がプレゼントされる。(※)台詞にボイスはつきません 

DSC09910-2.jpg
市内では、ラッピングバスが走る! ©IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY
薄桜鬼_罫線付き.png
コラボレーション宿泊プランにはハンドミラー(左)、バッグ(真ん中)、折りたたみクシ(右)が付いてくる

ポイントは、国内唯一の赤瓦の天守閣を持つ鶴ヶ城(若松城)をはじめ、会津藩や近藤勇の史料をそろえる白虎隊記念館、会津藩士の子弟の学び舎として知られる會津藩校 日新館など、新選組ゆかりの地がラインアップ。観光地のほかにも飲食店がポイントとして登録されており、囲炉裏で焼いた味噌田楽が名物の「満田屋」や、名水で入れた水出しコーヒーや地場産フルーツジュースなどが楽しめる「駅カフェ」などのご当地グルメスポットがそろう。アプリは、施設の歴史や市の情報なども詳しく紹介されているので、観光ガイドとしても利用できる。

そのほか、イラスト入りのハンドミラーやバッグ、折りたたみクシなど薄桜鬼限定アメニティが付いたコラボレーション宿泊プランも展開。宿泊先は、会津若松市の城下町を望む絶景の大展望露天風呂が自慢の御宿東鳳や、東山の自然を大パノラマで見ながら温泉に入浴できる東山グランドホテルなど5つの施設からセレクトできる。

会津若松市を周遊できるアプリを使って、“薄桜鬼”の聖地巡礼を楽しもう。

 

■SAMURAI CITY会津周遊アプリ

AR機能付き専用アプリ受付場所:会津町方伝承館
住所:福島県会津若松市大町2−8−8
電話:0242-22-8686
時間:9:00~18:00
休み:月曜※祝日の場合は翌日(12月~2018年3月末まで)※詳細は「薄桜鬼×会津WEB」参照
交通:会津若松駅より徒歩7分

URL:
●会津町方伝承館
http://www.tsurugajo.com/machikata.html

●薄桜鬼×会津WEB
https://www.aizukanko.com/hakuoki/

●薄桜鬼×会津Twitter
https://twitter.com/tttic_hakuoki

●薄桜鬼×会津 宿泊プラン
http://rurubu.travel/theme/area/local16/16a0215/

page top