Event
NEW

開田裕治の画業40周年を記念した展覧会が石ノ森萬画館で開催

貴重なガンダムの原画がズラリ!

ガンダムチラシ石巻(簡易ver).jpg
開田裕治ならではの世界感でガンダムが楽しめる

ガンプラの箱絵などで知られるイラストレーターの開田裕治。彼の画業40周年を記念した展覧会「開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー」を、森萬画館にて10月26日(土)~12月15日(日)に開催する。

会場では、「機動戦士ガンダムF-91」「機動戦士Vガンダム」「機動武闘伝Gガンダム」「SDガンダムシリーズ」などから厳選した初公開の原画5点を含む約20点のデジタル&アナログ原画を展示。また、開田自身が原画からデジタルデータ化した「機動戦士ガンダム」「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」「機動戦士ガンダム0083 スターダストメモリー」の人気作品も。さらに、後半20年の間に描いたデジタル作品から自らセレクトしたお気に入りの作品を大判展示する。

「機動戦士ガンダム」のアナログ原画から、「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のデジタル原画まで、ガンダムの歴史も感じられる作品がラインアップ。ガンプラの箱絵を、黎明期から描き続ける開田ならではの、ガンダムの魅力が体感できる展覧会だ。

■開田裕治の機動戦士ガンダムギャラリー
開催期間:10月26日(土)~12月15日(日)
時間:9:00~18:00、12月は~17:00(最終入館は閉館の30分前)
休館日:第3火曜日※12月は毎週火曜日
観覧料:大人840円、中高生520円、小学生210円、未就学児無料(常設展観覧料含む)
問い合せ:0225-96-5055

ニュース