News

お前はもう押している…!? 千葉市で「千葉氏」×「北斗の拳」×「千葉モノレール」のスタンプラリーがスタート

スタンプをコンプしてオリジナルグッズを手に入れよう!

01.jpg
台紙はラリーポイントの千葉都市モノレールの駅(千葉駅、千葉みなと駅、都賀駅、千城台駅)と千葉市立郷土博物館、千葉市科学館、千葉ポートタワーで配布
©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証GT-408

 “日本のアニメ聖地88”に選ばれている千葉県千葉市が「北斗の拳」とのコラボ企画を展開中。千葉の街の礎を築いた千葉一族の中興(ちゅうこう)の祖、千葉常胤(ちばつねたね)の生誕900年と「北斗の拳」35周年を記念した企画だ。
 千葉氏が、北極星や北斗七星を神格化した「妙見(みょうけん)」を信仰し、全国に広がった一族結束の象徴としていたことから「ともに北斗を目指すもの」として同じく北斗七星がストーリーのキーとなる「北斗の拳」とのコラボが実現!
 5月20日からは今年開業30周年を迎える千葉都市モノレールとの連携企画を実施している。なかでも、千葉都市モノレールの駅や市内の施設を巡る「千葉モノレールで行く!北斗七星スタンプラリー」(~12月25日(火)まで開催)に注目。7か所に設置された千葉常胤と北斗の拳に登場するキャラクターのスタンプを全て集めると、特製クリアファイルがプレゼントされるラリーイベントだ。さらに、各スタンプ台にはキャラクターのパネルも設置!キャラクターとの記念写真、フォトスポットとしても楽しめる。
 ラリーポイントには、千葉市立郷土博物館や千葉市科学館など、市の観光スポットがラインアップ。特に高さ約100mからの絶景が楽しめる千葉ポートタワーはオススメ。全方向がガラス張りになった展望室からは、千葉市の街はもちろん、東京湾や工場地帯なども見渡せる。6月~9月は21時まで開館しているので、ぜひこの機会に千葉の夜景に酔いしれてみては。
 そのほか、「北斗の拳」のキャラクターがデザインされた「千葉モノレール車両ラッピング」の運行や「記念入場券セット・クリアファイル」(なくなり次第終了)の販売など、ファン必見の企画が満載。
 なお、「北斗の拳」とのコラボ企画は随時追加されるとのことで、千葉市から今後も目が離せない!

02.jpg
「千葉モノレール車両ラッピング」は、内装のドアステッカーやつり革カバーなどの内装も「千葉氏」×「北斗の拳」仕様に!※点検などで運転されない日があるため時刻表を要確認。
03.jpg
記念入場券セット(写真左、7枚1セット、1000円)・記念クリアファイル(同右、1枚300円)は千葉都市モノレール千葉みなと駅、千葉駅、都賀駅、千城台駅の4駅で販売

「千葉」×「北斗の拳」コラボ
期間:企画により異なる
電話:043-287-8216/千葉都市モノレール(株)経営企画課
料金:スタンプラリーの参加無料
モノレール時刻表

page top