『宇宙よりも遠い場所』の舞台、群馬県館林市を巡るデジタルスタンプラリーが開催!

館林スタンプラリー_キービジュアル.jpg

「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」に「宇宙よりも遠い場所」の聖地として選定されている群馬県館林市にて、同作品とタイアップしたデジタルスタンプラリーが2020年2月11日(火)から2月29日(土)まで開催されます。

イベント・観光向け位置情報アプリ「いまどこ+」を自分のスマートフォンにインストールし、メニューから「宇宙よりも遠い場所」のコースを選択することによって、スタンプラリーに参加可能です。コースに設定されているチェックポイントを巡ることによって、アプリにスタンプを集めることができます。指定された数以上のスタンプを集めれば、ゴール地点であるつつじが岡公園内ふれあいセンターでこのスタンプラリー限定のグッズをもらうことができます(先着順)ので、ぜひ参加してみよう。

■イベント概要
期間:2月11日(火・祝)~2月29日(土)

参加方法:お手持ちのスマートフォンに「いまどこ+」アプリをダウンロードすることで参加できます。
※「いまどこ+」アプリは、iOS版はApp Store、Android版はGoogle Playからいまどこ+で検索&ダウンロード出来ます。また、以下のリンクからダウンロードすることも可能です。

iOS版

Android版

※「いまどこ+」アプリ内の「宇宙よりも遠い場所」スタンプラリーのコース情報は2月9日(日)に公開予定です。

参加費用:参加費は無料です。
※「いまどこ+」アプリの利用料は無料です。ダウンロードやご利用時にかかる通信料や該当地域までの交通費などはお客様のご負担となります。

完走条件:「いまどこ+」アプリを立ち上げ、参加するコースを選択しそのコースのチェックポイントを巡り、アプリにスタンプを集めてください。6か所中5か所以上のスタンプを集め、アプリ上で簡単なアンケートに答えていただくと「応募完了」となります。ゴール地点のつつじが岡公園内ふれあいセンターでその画面を提示して下さい。

特典:本デジタルスタンプラリー限定のグッズになります。グッズは先着順で、無くなり次第配布終了となります。特典はおひとり様1点になります。

■限定グッズ受け取りについて
受取場所:つつじが岡公園内ふれあいセンター(群馬県館林市花山町3181)

受取期間:2月11日(火・祝)~2月29日(土)

受取時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

※2月17日(月)と2月24日(月)はふれあいセンターが休館のためつつじが岡公園総合管理事務所にて特典をお渡しします。

■アプリの注意事項
・本アプリの対象端末はスマートフォン、OSはAndroid4.0.3/iOS9 以上です。

・周遊スタンプラリーは2020年2月11日~2月29日の期間限定でご利用になれます。

・環境によりGPS取得情報や通信が不安定になる場合があります。

・アプリをアンインストールすると集めたスタンプは失われます。スタンプラリー期間終了後もアンインストールしなければ集めたスタンプは保有可能ですが、保有期間の保証は出来かねます。

・アプリ内での位置情報共有はOFFのままでもスタンプラリーに参加できます。

・アプリ内での位置情報共有をONにすると、事前に設定した友人と位置情報を共有し続けるので、電池を大きく消費します。

・アプリに関するご質問は各アプリストアに記載されている開発元にお問合せください。

「いまどこ+」は、ケイ・シー・シーと、NTT西日本、NTTスマートコネクトの3社協業ビジネスとして、ケイ・シー・シーが開発・運用し、NTTスマートコネクトを通じて提供されています。

 

■スタンプラリーでの注意事項
・デジタルスタンプラリーは公道や公共施設を利用したイベントです。交通ルールをはじめ法令順守と公共の場でのマナーに十分注意をしてください。

・私有地などへ立ち入ることが無いようにしてください。また周辺の環境や住民の方への配慮を心がけてください。

・コース内には交通量の多い場所もあります。スマートフォンを操作する際は、周囲の安全を確認した上で、立ち止まって操作をお願いします。

・自動車や自転車などの運転中の「ながらスマホ」は絶対にやめてください。

・スタンプラリー参加中に作品の舞台などで撮影をする際には、周囲への配慮をして周囲の人など許可なく撮影することの無いようにしてください。

・幼児及び児童(13歳未満)の皆様につきましては、保護者の監督下において安全な環境でご参加ください。

 

主催:一般社団法人アニメツーリズム協会
共催:館林市
後援:株式会社JTB、 東武鉄道株式会社

館林スタンプラリー_日本博_文化庁_Trim.jpg

令和元年度日本博を契機とする文化資源コンテンツ創生事業